第21回 謝り方がわから~ん!

自分に非があるとハッキリわかっているときは、相手が誰だろうと誠意を持って謝りましょう。それが部下であろうと、子供であろうと。謝ることは、一見、自分の弱みや失敗を見せることで、情けないことだと思ってしまうかもしれません。しかし、自分がその姿を見せることこそ、最高の模範となり教育となると思います。

第16回 まちがいの指摘がわから~ん!

お子さんや指導対象の方に、まちがいを指摘し続けていませんか?いくら親しい間柄でも、やはり長時間に渡って繰り返されると嫌になりますよね。まずその方にやってもらう前に提示をしましょう。言葉での説明だけでなく、じっくりと動作を黙って見せましょう。