Two are really enough/ふたつで充分ですよ

In English

こんんばんは!ぐつぃです!
ふいにこの台詞が頭をよぎり、
書きたくなったのです!
こっち(UK)で流行らんかなー、この日本語♪
流行らせよう☆

それは、SF映画の金字塔「ブレードランナー」
の名台詞


店主:
空きました、空きました!
いらっしゃい、いらっしゃい!

さぁどうぞ!
何にしましょーかぁ?

主人公(ハリソンフォード):
ギヴミー フォー

店主:
ふたつで充分ですよ!

主人公:
ノー!フォ!
トゥー、トゥー、フォー(# ゚Д゚)!

店主:
ふたつで充〜分ですよ!!

主人公:
アン(ド) ヌードル…(´・ω・`)

店主:
任せてくださいよ!


とまあ、このやり取りが何故かツボなのよ✧
全然ストーリー本題に関係ない(笑)
きっと
・元から何故かここだけ日本語!
・おっちゃんが2回も言う!
・すっごい親しげ!
やからかな

何がよっつかふたつかは、
じーちゃんもわからん(゚∀゚)!!
てことにしとこ♪


Amazonプライム会員なら無料で見れます✧☟

ブレードランナー ファイナル・カット(字幕版)

Amazonプライムへの入会はこちらから☟

<参考リンク>
英語字幕はこちら:
https://www.trussel.com/bladerun.htm

ふたつで充分なものの正体はこちら:
https://togetter.com/li/948161


〈In English〉

Good evening! You know Yu?? I’m Yu!!

Today I’ve suddenly remembered the word
Hutatsu de juubun desuyo!
(Two are really enough!)”, so I’d like to write about it!
It’s a line from the “Blade Runner.”
Blade Runner was the masterpiece of SF movies
and the hero: Deckard was rolled by Harrison Ford. 

Have you ever heard Hutatsu de juubun desuyo?
Is this common in the UK?
Could be common?
I wanna make it common in the Oxford!!


Sushi master:
Akimashita! Akimashita!
Irasshai! Irasshai!!
Sa dozo.. Nan ni shimashoka?

Deckard:
Give me four.

Sushi master:
Hutatsu de juubun desuyo!(Two are really enough!)

Deckard:
No,four! Two,two,four!!

Sushi master:
Hutatsu de juubun desuyo!!(Two are really enough!!)

Deckard:
…and noodles
(´・ω・`)

Sushi master:
Makasete kudasaiyo!
(Leave it to me!)


Let’s use the phrase ‘Hutatsu de juubun desuyo!’  when you should answer a number or amount.

Do I wanna more languages?
‘Hutatsu de juubun desuyo!!’

Japanese and English are really enough!!!

ブレードランナー ファイナル・カット(字幕版)