就労支援と自己理解

ぐつぃです、こんにちは 以前からメッセージにつけている絵文字ですが、このアメちゃんは”雨”を表しています(´∀`*) いえね、晴れだと☀でいいけど、雨だと傘マーク☔って何か芸がないし面白くないじゃないですか

あらすじ と 結論

実はこのたび転職しまして、2020年7月から障害者(主に知的)向けの就労支援員をしています この「新型コロナ騒動の中での転職ものがたり」はまた別で書くとして…

ぐつぃは転職にあたり「八木仁平氏の自己理解メソッド」(以下、自己理解と表記)に出会い、とてつもなく活力が湧きました。ので、今日は自己理解と就労支援で感じたことがテーマ✧

結論を先にいっておくと
『就労支援をやるのであれば、前例的・前時代的に苦手なことを埋めようと訓練するのではなく、自己理解によって当人の「夢中になれること」や「人生の目的」を見つけて、それを活かす仕事に就く訓練に集中しよう!』
ってことです。

就労支援とは

ぐつぃのやっている就労支援とは、学習障害や注意欠陥多動性障害(ADHD)・神経症的傾向がある方々に対して、就職や復職あるいは就労を継続できるようサポートすることです。まだまだ勤務したてで、あくまで自分が知りえた範囲の印象ではありますが…具体的にはこんな内容

  • パソコンでWordやExcelの使い方を訓練する
  • 一般企業や世間でのルールや常識を教える
  • 単純作業(書類の封入やネジ組み立てなど)を訓練する

これイマイチじゃない?

いや、大前提として、利用者自身が☝の訓練内容をやって面白かったり意欲湧いたりして取り組めたらOKなんですが。ただでさえ、興味がないと続かない傾向があったり、人の輪に入って何かやるのが苦手な傾向があったりする人達が続けられますか?って話ですよ。

もう一歩譲って、確かに記憶が難しいとか複雑な作業が難しいって人には、単純作業が適度な作業レベルだったりするかもですが。それでも、特性を見極めもせずにいきなりこの訓練内容って、なんか挫折しそうに思う。

ちなみに、ぐつぃは5年前くらいに色々あって心療内科にかかり、WAIS-Ⅲ(成人知能検査)などを受けました。結果、書面上は広汎性発達障害(PDD)としてグレーゾーン、口頭で典型的な注意欠陥多動性障害(ADHD)だと言及されています。

検査結果から「IQについては年齢平均以上はあるが、特に、視覚的にも聴覚的にも短期的な記憶に取りこぼしがある」とのことです💡 (どおりで電話応対とかで社名とお名前覚えられないわけだ^^;)

つまりは「自分の興味のある分野でない、または苦手なことについて取り組もうとすると、集中不可でモチベーションもダダ下がる」という特性を持っていますね(´∀`*) まさしくこういった特性がある人達への支援が、自分のお仕事ななのよね✧

ぐつぃはまだ利用者への(就職してもらうまでの)支援経験はありませんが、自分の転職に当たっては自ら「就労支援」をしたといえます。ただし、いろいろ訓練をしたというよりは、自分のやりたいことを探したという方が正確です。ここで大いに役立ったのが、やぎぺー氏の自己理解✧

自己理解とは

簡単にいうと「本当にやりたい仕事を見つけること」です。もう一歩踏み込むと「自分の価値観を見つけてこれに従い、得意なことを探し、好きな分野で活かして意欲高く働くこと」です。これを実践できるのが、やぎぺー氏の自己理解メソッドでした。
※詳しくは八木仁平氏(以下、やぎぺー氏)のブログを参照ください。

八木仁平公式サイト | 自己理解の専門家が、自分を知る方法を分かりやすく解説

さんざん前職でモヤモヤして、思うように生きて(働けて)いなかった自分でしたが、自己理解に出会い、人生の目的が見つかり、本当にやりたい仕事が仮説として見つかりました。現在、意欲高く行動・検証中というわけです♪
(仮説を元に行動・検証を行い、より楽しく働けるよう改善していく)

自己理解は就労支援にピッタリ

何故こう思うか?それは自己理解で見つける「得意なこと」がキーになると思えるからです。得意なことには『短所=苦手なことやできないこと』の裏返しも含まれます。ここが超重要!!

障害のある方に当てはめると『精神的に難しいことを分かったうえで、これを長所に置き換えて活かしていく』となります。あくまでぐつぃの仮説ですが、障害のある方のメリットとは下記の点かな、と。

  • 嫌いなものは嫌いと脳が拒否する
  • 好きなものや得意なものへのこだわりや思いが強い

自己理解をやってみるとわかりますが、意外と自分が本当に好きなこと、得意なことってわかりにくいことがあります。どの程度か、というのもあるし、主観でそう思うだけかも、とも感じることがありました。最終的には、友達や家族といった近い存在からの意見が参考にはなります。

ともかく、好き嫌いがハッキリしていることは、その逆の特性もわかりやすい。つまり自己理解が分かりやすいのではないか!

自己理解×就労支援 で意味のある人生を

障害のある方にフォーカスしてきましたが、正直いって、障害があろうとなかろうと、自分を活かしたやりたいことを仕事にするのがベスト!

その中で、障害があるのであれば、その方自身が一般企業(※ここでは、その方の価値観・好きなこと・得意なことに合わない職場を意味します)でどうしても周りの人と同じように働きたいと願わない限り、それを強制したり考えなしに勧めたりするのは、勝手で意味のないおせっかいだと感じます。

  • 特定の仕事や作業について、自分にはできるから、他者にもできるはずで、できないのは努力が足りないのダ!とか
    • 働く人本人の向き・不向きを把握して働かないと、モチベーションがあがらず仕事がつづかないばかりか、下手するとうつになります
  • 世間では、一般企業でみんなと同じように働いてないと恥ずかしいから、頑張って働けるようにしなきゃいけないんダ!とか
    • あなたの価値観において、それは重要なことですか?世間(他人)基準ではなく、あなた基準で納得できるか、で考えましょう
  • とりあえず就職してもらえたら、自分の組織が評価されるから、入れる会社に就職させるんダ!とか
    • そんなことで評価されて稼いで満足ですか?この先もこの働き方にやりがいを持って、最後に人生良かったと胸を張れますか?
  • 安定して稼ぐためには、嫌でも無理しても、一般企業で働くしかないんダとか
    • 一時的に収入は安定するかもしれませんが、意欲を持って続かなければ、病気になったり立ち直れなくなったりして、もっと不安定になりますよ

つまりは、自分の本当にやりたい仕事(価値観に沿い、好きな分野で、得意な才能を活かして楽しく働ける=飽きない=商い)に就きましょう。利用者がそうなれるように就労支援をしましょう!ということです。それが個人事業主の元で働くでも、独立してクラウドソーシングで稼ぐでも、です。

そのうえで、必要な知識を得たり、技術を身に付けたりすればよいのです。大丈夫、自分の本当にやりたいことならば、誰かに言われずとも自然とやりだしている、あるいはとても楽しく習得できると思います。

おすすめ

長々と想いを書いてしまいましたが、もし、今回の内容を読んで少しでも思うところがあった方は、自己理解メソッドを試してみることをオススメします✧

年齢や環境が理由で難しいと思いますか?本を読むのが苦手ですか?確かに、あなたの特性によっては、サクサクと見つけられないこともあるでしょう。でも、すくなくとも、自分の人生の考え方の土台が固まったり、あるいは副業としてやりたいことを始めてみたりといったことに、役立つかもしれませんよ。

ぐつぃは37歳でキャリアチェンジなんぞ無理だ、と言われる中で、モヤモヤ開放へのキップをつかみました✌
あなたはどうしますか?

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド

新品価格
¥1,386から
(2020/6/27 17:48時点)